ibisStorage

7.1. ibisStorageの料金詳細

 ibisStorageの料金詳細について説明します。
 ibisStorage ではフリープラン、スタンダードプラン、エンタープライズプランの3つの料金プランから、お客様に最適なプランをお選び頂けます。また、ストレージの容量が不足した場合は、追加ストレージをご購入頂けます。

フリープラン

  • 利用料:無料
  • ストレージ:2GB x ユーザー
  • 通信枠:2GB x ユーザー
  • ファイルサーバ機能:○
  • アクセス管理機能:○
  • 端末認証機能:○
  • ファイル更新履歴:無期限
  • 削除からの復元:無期限
  • 未ログインでデータ保存:180日
  • 無料ユーザー枠:1名
  • 説明:
    • フリープランは、1名まで利用可能な試験導入用のプランです。
    • フリープランでは容量不足になったときに直接追加ストレージを購入することができません。一旦、スタンダードプラン以上に契約変更をする必要があります。
    • ログインしない期間が180日に達するとファイルやフォルダのデータを削除します。削除の前に管理者に削除の予告メールが届きますので利用を続けたい場合は、ログインしてください。
    • 電子帳簿保存機能はありません。
    • 監査ログ機能はありません。
    • メールでのサポートは行っております。

スタンダードプラン

  • 利用料:月額660円/ユーザー(税込)
  • ストレージ:300GB x ユーザー
  • 通信枠:20GB x ユーザー
  • ファイルサーバ機能:○
  • アクセス管理機能:○
  • 端末認証機能:○
  • ファイル更新履歴:無期限
  • 削除からの復元:無期限
  • 追加ストレージ:○
  • 追加通信枠:○
  • 電子帳簿保存:◯
  • 電子帳簿ファイルのAI-OCR:◯
  • AIクレジット:60,000pt/月 x ユーザー
  • メールサポート:○
  • 無料トライアル:30日
  • 説明:
    • スタンダードプランは、フリープランに比べて1ユーザー辺りのストレージ枠が大きくなります。
    • 「300GB x ユーザー」のストレージ容量ですので、例えば100名での利用の場合、100名x300GB=30,000TB(約30TB)まで利用可能になります。
    • ファイル更新履歴、削除からの復元も無期限で保存されます。これにより操作ミスによるデータの消失や悪意ある操作によるデータの消失を防ぐことができます。完全削除は、管理者権限と全体設定権限のある人のみが行なえます。
    • 「300GB x ユーザー」のストレージ容量で不足した場合は追加ストレージを購入することができます。ただし多くの場合はエンタープライズプランに契約変更をした方がコストを抑えられますので検討ください。
    • 追加ストレージは、月額3,850円/TB(税込)です。1TBは、1024GBです。追加すると組織全体としてのストレージ容量が増加します。
    • 追加通信枠は、月額55,000円/TB(税込)です。1TBは、1024GBです。追加すると組織全体としての通信枠が増加します。0.01TB単位で契約できます。
    • 監査ログ機能はありません。
    • 初回のみ無料トライアル期間が30日付属します。ユーザー登録を6名以上行えばトライアル期間が30日増加します。
    • 旧システムから本サービスへの移行の場合、サポート致します。

エンタープライズプラン

  • 利用料:月額1,540円/ユーザー(税込)
  • ストレージ:1TB x ユーザー
  • 通信枠:40GB x ユーザー
  • ファイルサーバ機能:○
  • アクセス管理機能:○
  • 端末認証機能:○
  • ファイル更新履歴:無期限
  • 削除からの復元:無期限
  • 追加ストレージ:○
  • 追加通信枠:○
  • 電子帳簿保存:◯
  • 電子帳簿ファイルのAI-OCR:◯
  • AIクレジット:140,000pt/月 x ユーザー
  • 監査ログ:過去180日分保存
  • メールサポート:○
  • 無料トライアル:30日
  • 説明:
    • エンタープライズプランは、機能追加に加え、スタンダードプランに比べて1ユーザー辺りのストレージ枠が大きくなり、コストパフォーマンスも良くなります。
    • 「1TB x ユーザー」の容量ですので、例えば100名でのご利用の場合、100名x1TB=100TBまで利用可能になります。
    • ファイル更新履歴、削除からの復元も無期限で保存されます。これにより操作ミスによるデータの消失や悪意ある操作によるデータの消失を防ぐことができます。完全削除は、管理者権限と全体設定権限のある人のみが行なえます。
    • 「1TB x ユーザー」のストレージ容量で不足した場合は追加ストレージを購入することができます。
    • 追加ストレージは、月額3,300円/TB(税込)です。1TBは、1024GBです。追加すると組織全体としてのストレージ容量が増加します。
    • 追加通信枠は、月額52,800円/TB(税込)です。1TBは、1024GBです。追加すると組織全体としての通信枠が増加します。0.01TB単位で契約できます。
    • エンタープライズプランのみ、監査ログ機能が付きます。これにより誰がいつ権限等を更新したのか等が分かります。監査ログは過去180日分が保存されています。それ以上保存したい場合は、別途監査ログ保存機能でcsvファイルとして保存してください。
    • 初回のみ無料トライアル期間が30日付属します。ユーザー登録を6名以上行えばトライアル期間が30日増加します。
    • 旧システムから本サービスへの移行の場合、サポート致します。

支払い方法

  • 支払い方法は原則クレジットカード決済となります。
  • サービス利用料金は、月末締め翌月1日(ついたち)でのクレジットカード決済となります。
  • ibisAccountの請求履歴画面で請求書を確認できます。印刷が必要の場合は、Webブラウザの機能で印刷ください。
  • 月額20,000円(税込)以上のユーザー様では、個別に銀行振込も対応いたします。ご希望のお客様は、サポートまでお問い合わせください。

利用料の計算方法(日割り計算等)

  • 請求書明細行の各行の金額を合算し、合計金額に消費税率を乗算し、それを1円未満切り捨てした額が消費税額となります。
  • 月の途中でユーザー追加などの利用料増加の契約をした場合は、日割り計算となります。
    • 明細行の金額=Floor(数量x元の単価x控除日数/その月の暦日日数)
    • ここで、Floor()は、1円未満を切り捨てる関数です。明細行ごとに整数化されます。
    • ここで、その月の暦日日数とは、3月なら31日、4月なら30日です。
    • ここで、控除日数とは例えば4月10日に利用料増加の契約をした場合4月1日〜4月9日までの9日間が控除日数です。4月10日10:00に利用料金の増額契約をした場合、4月10日00:00から利用開始した場合と同じ料金になります。つまり利用日数としては切り上げになります。
  • 月の途中でユーザー削除などの利用料減額の契約をした場合は、日割り計算となります。明細行にはマイナス金額が表示されます。
    • 明細行の金額=Floor(数量x元の単価x控除日数/その月の暦日日数)
    • ここで、Floor()は、1円未満を切り捨てる関数です。明細行ごとに整数化されます。
    • ここで、その月の暦日日数とは、3月なら31日、4月なら30日です。
    • ここで、控除日数とは例えば4月1日から利用していて4月20日に利用料減額の契約をした場合4月21日〜4月30日までの10日間が控除日数です。4月20日16:00に利用料金の減額契約をした場合、4月20日23:59に減額の契約をした場合と同じ料金になります。つまり利用日数としては切り上げになります。
  • 当月開始時点(00時00分)で有効な契約(ユーザー数、追加ストレージ、追加通信枠など)は、当月の1日(ついたち)の明細行として請求書に記載されます。
  • ibisAccountの請求履歴画面で請求書を確認できます。印刷が必要の場合は、PDFファイルとしてダウンロードしてください。

通信枠について

  • 通信枠はダウンロードサイズ分だけ消費します。通信枠を使い切ると低速制限がかかります。
  • 低速制限になる場合は、通信枠を購入いただくか、スタンダードプランであればエンタープライズプランへの移行を検討ください。
  • 通信枠は毎月1日(ついたち)にリセットされます。
  • アップロードでは、通信枠は消費しません。またアップロードに対する低速制限もありません。
  • 通常の使用の仕方であれば通信枠を使い切ることはないと思いますので、多くのお客様では気にする必要はないです。

支払いに関するトラブルによるペナルティ

  • 有料プランでは、毎月1日(ついたち)にクレジットカード決済により利用料の支払いをしていただきますが、クレジットカード限度額オーバー、有効期限切れ等で決済エラーが発生した場合、一定期間の予告の上、利用制限がかかります。
  • 1日(ついたち)から決済エラーが発生した場合、ログイン直後に画面下部に決済エラーである旨が表示されます。決済情報編集権限のあるユーザーがクレジットカード情報を編集するなどして決済エラーを解決してください。
  • 決済エラーのまま請求書発行日から5日経過すると、ファイル操作制限がかかります。
    • ファイル操作制限時は、ファイルのダウンロード以外の操作ができなくなります。
  • 決済エラーのまま請求書発行日から10日経過すると、自動解約予告メールが管理者に送信されます。決済情報編集権限のあるユーザーがクレジットカード情報を編集するなどして決済エラーを解決してください。
    • 決済エラーを解決し未支払い残高がなくなると、自動解約予告キャンセルメールが管理者に送信されます。
  • 決済エラーのまま請求書発行日から25日経過すると、自動解約となりファイルやフォルダなどデータが削除されます。